アスノ信拓

TEL 092-715-0010

営業時間
9:00~17:00(日・祝定休)

お問い合わせ

2017.11.20

趣味を超越した趣味

page_naiyou_row2_0-2-1

 

大それたタイトルな事は百も承知で、今回は今現在の僕の生きがいともいえる、

フットサルの活動について、お伝えしようと思う。

申し遅れましたが、「不動産」という広大なフィールドを舞台に走り回る

アスノ信拓のダイナモことSです。

 

いくつかある僕の趣味の中でも、身も心もささげている状態にある物が「フットサル」。

※フットサル=バスケットコートくらいの大きさのコートで5人で行うサッカーです。

元々は以前の勤務先で僕が有志を募り出来た我がチーム。

途中様々な遍歴はあれど、ここ数年はメンバーも安定し新たな参加者も増え、

エンジョイしつつも、やるからには勝つ!を合言葉に活動中。

 

当初は僕が音頭を取り、メンバー管理、コート手配、試合のマッチメイク等々、

活動に関すること全て自分で動いていた時期もあったが、

ありがたいことに、当初は生意気な奴だとしか思ってなかったO君が、

「佐藤さんも大変でしょうし、若い僕らが実務的な事はやりますよ!」と、

ありがたい言葉をかけてくれ、今はもっぱらプレーヤーとして活動させて貰っている。

とはいえ、チーム内で唯一のサッカー未経験者であり、無論、皆ほどの技術は無い。

 

これがとにかく悔しい。そんなに過去については気にしない自分ではあるが、

人生においての後悔として唯一挙げられるのが「サッカーをしていなかった事」と

断言できる。それ程悔しい思いをしている。

 

趣味と言えば「楽しむ」というイメージが自分の場合は強いのだが、

楽しんでいるかと言われれば、上記の通り「悔しい」想いをする場面の方が多い為、

逆にストレスが溜まる事も多々ある。くやしすぎて一時期は休みの度に河川敷に赴き、

ひたすら橋脚にサッカーボールを蹴って壁打ちをし続ける時期もあったくらいだ。

※橋の管理人のおじさんに「精が出るねぇ!」と声をかけて貰った時の

僕の笑顔は爽やかすぎて、きっと福士〇汰を彷彿とさせていただろう。。。

あっ、全然似てませんよ。

 

本題に戻るが、それくらいなら多くの人が趣味を続けていくにあたって、

辿る道だと思う。ゴルフをなさっている方、書を嗜む方、車に拘りを持つ方、

色々な趣味において、くやしさや歯がゆさといったものは付きまとう要素であり、

それがあるから、「上昇」を望むものだと想う。

 

じゃあ何が「超越」なんだよ?大げさなだけじゃん佐藤。と、

数少ない僕のブログを読む奇特な方にまで見捨てられないように・・

趣味を超越していると表現したかった要素は、

今のチームは、大の大人の集まりにもかかわらず、人の塊で生まれる熱があるのである。

 

チーム内のメンバーが転勤で退部を余儀なくされたとき、

誰かが失恋して、そのエピソードが悲しすぎる時、

高校生だったメンバーが大学生になり、社会人になり、大人な気遣いをしてくれた時。

時には涙を流すメンバーもいるような環境がある。

皆が趣味としてのフットサルだけでなく、このチームで出会った人、事に真剣に向き合い、

この出会いを大事にしようとしている。大袈裟でなく、本当にそうなのだ。

 

皆が口をそろえて言うのは、

「大人になってから、例えば国立を目指した、県大会優勝を目指した「部活時代」と同じような

真剣にやれる場、コミュニティがあるとは思わなかった。」と言う。

そして皆でフットサルの事だけでなく、プライベートの悩み等、色々な話もしている。

真剣だからこそ、時には議論も起こるのだが、

僕の目の前で僕より年下の彼らが熱いヒューマンドラマを繰り広げているその様を見てると、

いつも「ああよかった、真剣だ・・」としみじみする。

 

外から見たら、熱すぎてカッコ悪いというか、スマートな大人には見えないかもしれない、

試合後に2時間もその場で試合について議論する事なんてカッコ悪いのかもしれない。

だけど、僕はそれに価値があると思っている。

 

・・おっと、誰か来たようだ。。少し熱を帯び過ぎたようだ。

というわけで、趣味と言えば趣味ですが、

僕にとって気軽に楽しむだけのものではないという話でした。

チームの行く末、彼らの行く末は間違いなく僕にとって将来の「楽しみ」です。

 

もし、これを読んでくださっている方で、対戦をしたい!

はたまた入部したい!といった方が居れば、是非お気軽にお声掛け下さい!

どちらにしても、もれなく僕のある意味華麗なプレーをご堪能頂けますので。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事

月別アーカイブ

PAGE TOP