アスノ信拓

TEL 092-715-0010

営業時間
9:00~17:00(日・祝定休)

お問い合わせ

2018.02.05

花沢さんのお父さん

アスノ信拓売買部のSです。

猛烈な寒さと天候の乱れで体調管理も難しい冬を迎えておりますが、
皆さま何卒ご自愛くださいませ。

最近ふと「こういう存在になりたいな。」と思える人を再発見しました。

唐突ですが、皆様「サザエさん」はお好きでしょうか?
恐らくですが、日本の中で老若男女問わず、誰が見てもサザエさんは嫌いという人は
あまりいないのではないでしょうか?と言う程に、日本の人々の生活に根付いた、
一つのコンテンツだと個人的には思っています。
休日に家族で賑やかに過ごし、一息ついた夕方のタイミングでいつものメロディーが流れ、
画面越しにいつも変わらず、明るく心温まる磯野家の姿を見ていると、
子供だけでなく、大人が見ても楽しいと思える作品です。

何故急にこんなことを言い出すのか?もちろん私はサザエさん大好きですが、
それを伝える為ではありません。
普段、「住まいの購入」を計画されているお客様と接していく中で、
時々私は「理想の住まいはなんですか?」というようなご質問をさせて頂く事があります。
大体その質問をさせて頂くのは、未だそのお客様が家の購入を検討し始めて間もないなど、
その方の家物語のスタートを切ったばかりの状況のお客様なのですが、
「う~ん、サザエさん家みたいな家かなあ。」という言葉を既に何度も聞いております。
物語を通じて家族との距離感の近さがとても伝わってくるので、
特に小さなお子様をお持ちのお父さんお母さんは、磯野家は理想的なのかもしれません。

今回私の考えている事としてお伝えしたかったのが、
この「サザエさん家のような」。こういったぼんやりとした物でも、目標・理想とする
「住まい」というイメージを自分がどこまでお客様と共有する事が出来るかは
とても大切だ。と思っています。
私自身とかくお客様にご提案する為に物件探しをしていくにあたって、
一般的な検討材料である、予算・広さ・エリア。などに縛られてしまいがちで、
「サザエさん家のような」といったある意味アバウトな部分まで目を向けられているか?
と言われれば、そうではなかったなあ。と思う自分自身も確かに居ました。

正直なところ、上に挙げた予算などはインターネット等で物件を検索するときに
絞り込める条件ですので、それをするだけなら極端な話、私はいらないのですね。
お客様がご自身で行える事ですから。
ただ、ネットなどの機械じゃ「サザエさん家のような。」というイメージを共有する事は
中々難しいことではないかと思うのです。
だからこそ、私のような役割の人間が、そのイメージを共有する事で、
お客様の家物語をより味わい深い出来事に繋げられるのではないかと考えています。

サザエさんには、登場人物として「花沢さん」という女の子が出てきますね。不動産屋さんの娘なのですが、
こういうアニメ化された国民的コンテンツに出てくるキャラクターの家が不動産屋である。
と普通に描かれているのは結構珍しいと思うのですが。
この花沢さんのお父さんがまた人情深くて、町内で慕われている、いいおじさんなのです。
カツオが時々相談したりする描写もあるので、きっと信頼は厚く、
この町の皆さんの家についても色々と携わってきたのでしょう。

今世の中はAIなどのような、テクノロジーの発展により今まで人が行ってきた色々な
物事を機械に委ねる世の中への変革が日々進んでいます。
その中で「人材」として生き残る為に、知識や経験はもちろんですが、
上に挙げた「イメージの共有」など、機械には出来ない事、人にしか理解できない事。
人と人とで生まれ育む物語を大切にしながら、花沢さんのお父さんのような人材でありたいと思います。
というわけで、私がふと思ったあこがれの存在は「花沢さんのお父さん」でした。
さあて、来週のサザエさんは♪

最新記事

月別アーカイブ

PAGE TOP